Prusa i3 MK2/ja

From RepRap
Revision as of 02:12, 23 June 2018 by S2KTS (talk | contribs)
Jump to: navigation, search
Prusa i3 MK2 ドキュメンテーション


Crystal Clear action run.png
Prusa i3 MK2

開発状況: 開発中

Prusai3-MK2.jpg
説明 Prusa i3 MK2 は Josef Prusa によって設計されています。
ライセンス GPL
作者 Prusajr
協力者
ベース Prusa i3
カテゴリー Prusa i3, Prusa i3 Development, Prusa Mendel Development, Prusa Mendel, Mendel Variations, Cartesian-XZ-head
CAD モデル none
参考リンク Github

Prusa i3 (iteration 3) MK2 は、RepRap Core開発者である、Prusajrにより設計された、最も有名な 3D プリンターです。i3 MK2 では、以前の3つのバージョンの Prusa デザインから得られた改善点が組み込まれています。 参考: Prusa Mendel (iteration 2), Prusa i3, Prusa i3 MK3

Infobox info icon.svg.png 派生モデル
Prusa i3 は非常に人気なデザインであるため、たくさんの派生モデルが作られています。これらの派生モデルは、Category: Prusa i3 Derivate にまとめられています。また、Prusa i3 の亜種モデルページ や、Prusa i3 開発ページ もご覧ください。

 

主な改善点

以下は Prusa Mendel Iteration 3 と比較した際の主な改善点のリストです。

  • Y軸フレームと電源カバーを接続したことによる、フレーム剛性の強化
  • 組み立ての簡略化
  • より大きなプリント容積 (250x210x200mm)
  • 最適化された PCB ヒートベッド MK42
  • 改善されたZ軸モーター (台形リードスクリューと一体化)

開発

Prusa i3 MK2 の開発は GitHubによってホストされています。https://github.com/prusa3d/Orignal-Prusa-i3/tree/MK2.

開発の歴史

公式キットが利用可能に (May 2016)

2016年5月、公式キットが 開発者である Prusa 氏本人から利用可能に なりました。

プリント部品

このプリンター向けのプリント部品の OpenSCAD ファイルは、レポジトリー から入手できます。

電子部品

ステッピングモーター

Prusa i3 では、エクストルーダーを含み、5つの NEMA17 ステッピングモーターを使用します。そのうち2つのモーターは、Z軸のモーターで、これらは一つのステッピングモータードライバーに接続されています。また、台形リードスクリュー (送りネジ) と一体化されています。

コントロールボード

オリジナルの Prusa i3 MK2 では、Ultimachine による RAMBo mini ボードが使用されています。

エクストルーダー

Extruder

Prusa i3 MK2 のエクストルーダーは、E3D V6 ホットエンドを用いて設計されています。

ヒートベッド

Prusa i3 MK2 は PCB ヒートベッド MK42 とともにリリースされています。